SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

SEOでの理想的なURL構造・階層は? - Google Matt Cutts

検索エンジンフレンドリーなサイト構造についての質問とGoogle Matt Cuttsによる回答。ページはルートに近い方がいいの?それとも、トピックを基準に構造化した方がいいの?

What's a preferred site structure? - There seems to be little impact on human visitors where in the site's structure a given page is, so: Is it better to keep key content pages close to root, or have them deep within a topical funnel-structure, e.g.: food/fast-food/burgers/hamburgers.php ? - Katy Bairstow, London, [What's a preferred site structure?, Matt Cutts, Google Webmaster Central Channel]

検索エンジンはクエリと適合性が高いページを検索上位に表示するだけで、そのページのURLパスの深さや構造は関係ない、という趣旨の回答を過去にもGoogle(Matt Cutts)はしていますが、今回も同様。ユーザビリティやサイト管理の観点で扱いやすい、わかりやすいようにURL構造やパスを決定すればいいのです。一方でURL文字列もページの品質や関連性の判断基準になります。

動画の中で「他の検索エンジンはどう扱うか知らないけど」としていますがYahoo!も基本的に同じ。ちなみにYahoo!は特殊要因により結果的にURLパスが浅いページが検索にヒットしやすくなっているように見えますが、深いからダメというわけではありません。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。