SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、製品価格や写真掲載可能なCPA課金アドワーズのテスト実施

Wall Street Journalによると米Googleは2009年6月19日(米国時間)、検索結果に商品写真つきのアドワーズ広告(AdWords Product PlusBox)を掲載する試験を実施していることを公式に認めた。

AdWords Product PlusBoxは昨年後半から一部のユーザに確認されている広告。従来のテキスト広告と異なり、AdWords Product PlusBoxは商品の価格や写真を掲載することができる(画面キャプチャ)。トライアルに参加する企業は、製品の価格や写真をGoogle Baseに登録することでアドワーズ広告に掲載することができる。

Googleスポークスマンによると本トライアルは米国内の少数の広告主を対象に実施しているとのことだが、興味深い点は広告の料金体系だ。AdWords Product Plus Boxは、ユーザが商品を購入したときに一定額を支払うCPA(Cost Per Aquisition)課金を採用。広告主は、支払える手数料を設定すると、その金額に基づいて掲載する広告をアルゴリズムで決定する。

With the new ads, Google is mixing up its pricing model as well. Unlike Google’s standard search ads, where advertisers generally pay every time users click on their ads, Google will charge advertisers for product ads only when a user makes a purchase. Advertisers set the commission they are willing to pay, and Google decides which products ads to display based on the commission, how well the ad matches a query, and how often people click on the ads, among other things. [Google to Test New Product Ads on Prize Real-Estate, Wall Street Journal, June 19, 2009, 5:56 PM ET]

cf.

Google、商品写真付き広告が広がる「Plus Box」の試験を実施

Google BaseとAdWordsアカウントを関連づける機能が登場

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。