SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Google AdSens、カテゴリフィルタ機能を強化

米Googleは2009年8月4日、英語圏の一部のパブリッシャーを対象に提供しているカテゴリフィルタ機能に新機能を追加したことを公式ブログで明らかにした。対象は英語圏のコンテンツ(サイト)。

AdSenseのカテゴリフィルタ機能は、広告のターゲティング設定にかかわらず、指定したカテゴリの広告をパブリッシャーのサイト上で非表示にするための機能。カテゴリは最大5つまで指定できる。また、フィルタ対象としたカテゴリの広告が自分のサイトの収入に貢献している割合も計算・表示するため、フィルタリングを実施した際の収入のインパクトを把握できるようになっている。

今回、パブリッシャーからのフィードバックを受けて、フィルタリング指定した時に影響を受ける広告のインプレッション数の表示、収入へのインパクトを計算する際のデータを過去3日から過去30日に変更することによる予想値の精度改善などの改良が行われた。

Extending the category filtering beta for English-language ads [Google AdSense]

http://adsense.blogspot.com/2009/08/extending-category-filtering-beta-for.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。