SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

グーグル、独自コンテンツを評価するためのアルゴリズム更新を発表

グーグルは2012年10月23日、日本語検索において、良質なサイトの検索順位を改善するアルゴリズム変更を実施したことを公式ブログで発表した。日本向けの同様の発表は今回が2回目。

他サイトのコンテンツのコピーで構成されたサイトや、付加価値が低いサイトよりも、独自コンテンツを持つサイトの方が検索結果で見つけやすくするためのアルゴリズム。同社によると、日本語検索結果の約5%に影響するとのこと。

独自コンテンツをより高く評価するために

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/10/google-search-algorithm-change.html

#

公式ブログには"日本語検索結果の約 5% に影響する見込み"との記述がありますが、このスケール(尺度)が英語圏に準じているのであれば、『一般的な検索ユーザーが気づくのは検索の5%』 という意味合いでしょうから、過去の例も踏まえますと、一般ユーザーレベルでは大して変わらない、動かないかと。

(あるいは別のスケール -- 検索結果の少なくとも1件が変化する検索の割合が5% というならなおさら影響は小さいことになるのですが、そのレベルのものをわざわざ発表するとは思わないから上記のスケールだと思う)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。