SEMリサーチ

SEMリサーチ

Googleウェブマスター宛通知の90%がブラックハット関係であることを明らかに

米GoogleウェブスパムチームトップのMatt Cutts氏は2012年12月4日、同社が今年1月から2月にかけて送信したウェブマスター宛の通知メッセージのうち、不自然リンクに関係するものはわずか3% (25,000通以下)で、90%はSEOブラックハットがらみであるとの内訳を明らかにした。

同社は今年初め、ウェブマスター宛に合計70万通のメッセージを送信したことが話題となったが、時期を前後して不自然リンクに関するガイドライン違反通知を受けたウェブマスターも多数いたことから、Googleがかなりの数の不自然リンクの警告をしたのではないかとの噂が一部で広がっていた。今回の説明は、この誤解を説く意味もある。

Googleからガイドライン違反の指摘を受けた場合は、問題を修正した上で再審査リクエストを送信する必要がある。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。