SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google 検索結果画面からサイトの詳細情報を確認可能に - ナレッジグラフを活用

米Googleは2014年1月22日、検索結果に表示されたウェブページの運営元組織を検索結果画面から直接確認できる機能を追加したことを公式ブログで発表した。

米国(ニューヨーク市内)からGoogle(google.com)で検索したところ、既に一般ユーザーに同機能が提供されていることを確認した。

この機能は、リアル世界の様々な物事を理解するナレッジグラフをベースにしている。スニペットのURL右側に表示される「サイト名▼」をクリックすると、当該サイトの略歴が表示されるため、検索利用者はクリックする前にその情報の出所について確認することができる。

More information about websites to help you find the right result

http://insidesearch.blogspot.jp/2014/01/more-information-about-websites-to-help.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。