SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米MS、Windows Live Searchベータ版を公開

米MicrosoftがWindows Live Search(ウインドウズ・ライブ・サーチ)のベータ版を発表する。インターフェースを刷新するほか、サーチエクスペリエンスを高める数多くの新機能を搭載する。

Windowsライブサーチの検索タブ。FeedはRSS検索

Windows Live Searchベータ版の画面。右上のスライドバー、右下のスマートスクロールが特徴

Windows Live SearchはMSNサーチの全ての機能に加えてユーザーの情報の探し方を大きく変える新機能を数多く搭載した。「スライドバー」は、検索結果画面に表示する情報量を変更することが可能だ。例えばタイトルとURLだけ、あるいはサイト内検索のリンクをあわせて表示するといったことが可能になる。「スマートスクロール」は複数の検索結果ページを閲覧するのに都度リンクをクリックしなくても1画面上で閲覧することができる。

また、新ツールバー「Windows Live Toolbar」のベータ版も公開される。このツールバーにはマイクロソフトが買収した米Onfolioが提供するWebクリッピングやRSS関連の機能が搭載されている。

今後Windows Live Searchはテストを経て、正式版公開後は現在のMSNサーチに置き換わることになる。

米Nielsen/NetRatingsの検索エンジンシェアによるとGoogleが48.2%、Yahoo!が22.2%に対してMSNサーチは11%。

Windows Live Search

http://search.live.com/

Windows Live

http://www.live.com/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。