SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

cci、コンテンツ連動と行動分析を組み合わせた「ハイブリッドターゲティング広告」を07年10月より開始

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(cci)とその子会社・株式会社クライテリア・コミュニケーションズは2007年10月より「ハイブリッドターゲティング広告」の提供を開始すると発表した。

ハイブリッドターゲティング広告はコンテンツ分析と行動分析を組み合わせたターゲティング広告で、cciグループの広告ネットワーク「ADJUST」を通じて配信される。NTTデータの日本語意味理解エンジン「なずき」を利用してコンテンツ分析を行うと同時に、訪問者の過去の参照履歴や志向性の変化を補足することでユーザーの興味・関心、意図に基づいたターゲティング広告を配信する。

媒体社や広告主が持つユーザプロファイル情報と連携させることで、個人を特定することなく購買履歴やサイト内行動履歴とユーザの志向性の変化から最適な広告やサービス、商品情報を提供するプロファイルターゲティングも実現できる。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。