SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

2008年の検索・コンテンツ連動型広告市場 1,596億円 - アウンコンサルティング調査

アウンコンサルティング株式会社は2009年1月9日、検索連動型広告とコンテンツ連動型広告(以下、特に断りなければ「広告」と表記)を合算した市場規模予測を発表した。

パソコン向けの広告市場規模は、検索連動型広告が前年比124%で1,357億円、コンテンツ連動型広告が前年比125%で239億円に達し、全体でも前年比125%で1,596億円に市場が拡大した。アメリカ経済の景気後退など急変する市況の変化により、日本企業でも広告費抑制の傾向があるが、パフォーマンス広告の広告は引き続き堅調な伸びが期待できるとしている。

モバイル向けの広告市場規模は、前年比190%となる266億円に拡大。2007年にキャリア各社が検索システムを導入したことで携帯電話からの利用者が拡大し、企業がモバイル広告に注目した結果だと分析している。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。