SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米FCC、Google Voice却下の件でAppleとAT&Tの調査を開始

米連邦通信委員会(FCC)は2009年7月31日、米AppleがApp StoreからGoogle Voiceアプリケーションを排除した件について調査を開始し、Apple、AT&T、Googleの3社に質問状を送付したことが明らかになった。米WSJなどが報じている。

Google Voiceは1つの電話番号で自宅や職場の固定電話、携帯電話など複数回線を一元管理できる無料サービス。たとえば、かかってきた電話をいずれの端末にも着信できるようにしたり、留守番電話の音声をテキスト化して検索する、SMSを送信するといったことが可能。Googleは6週間前にApp StoreにGoogle Voiceアプリの申請を行ったが、却下されたことが明るみになった。同アプリがAppleとiPhone独占キャリアのAT&Tと競合するためとの憶測が流れている。

FCC Looking Into AT&T Rejection of Google Voice App [WSJ]

http://online.wsj.com/article/SB124908121794098073.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。