SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Google AdWords、タブレット端末のターゲティング配信が可能に

米Googleは2011年5月10日、タブレット端末の出荷台数が拡大していることを受け、アドワーズ広告のターゲティングオプションとしてタブレット端末を追加すると発表した。

数週間内に、アドワーズ広告管理画面の設定タブの「ネットワーク&デバイス」に、フルブラウザ搭載タブレット端末のオプションが表示されるようになる。今後はApple iPadだけでなく、タブレットデバイス全般をターゲット可能となる。さらに、デバイスタイプやOS単位で指定も可能だが、リリース時点ではAppleデバイスのみとなる。今後、特定デバイスをターゲットするための機能を順次拡張していくとしている。

新機能がリリースされた後は、デフォルトでタブレット端末の広告配信が有効となるため、特別な設定作業は不要だ。現在Apple iPadをターゲットしている場合は、Googleが他のデバイスに対応するに従いコストとインプレッションが増加していく。

なお、タブレット端末に配信可能な広告はテキストとイメージのみ。

Introducing new ways to reach your customers on tablets

http://adwords.blogspot.com/2011/05/introducing-new-ways-to-reach-your.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。