SEMリサーチ

SEMリサーチ

3721、検索ソフトウェア利用で妨害 - 裁判所が違法と判断

中国・北京の Baidu Co. が開発した検索ソフトウェアの利用を妨害したとして朝陽(中国・遼寧省)の地方法院は23日、中国の検索エンジン会社 3721 に対して 600USドルの賠償金を支払うように命じた。 China Daily より。

3721 が Baidu Co. の開発したソフトウェアをユーザーが利用できないようにダウンロードしたり実行できないよう妨害していたことに対して Baidu Co. が提訴していた。Baidu Co. 側は損害賠償金として US$121,000、さらに公開謝罪を要求していたが後者は却下された。Baidu Co. は上級裁判所に控訴するかどうかを検討中とのこと。

一方この問題に対して 3721 は「これは一般的なソフトウェアに関わるコンフリクトの問題だ」と語っている。

また同じく23日、中国の大手ポータルサイト Sohu が同じく大手ポータル Sina に対して起こしていた著作権侵害訴訟は中国第1中級法院によって証拠不十分として棄却された。

※ Beijing 3721 Technology Co. Ltd = 北京三七二一科技有限公司 = 3721

Legal victory for search engine [China Daily / 2003-12-24 01:34]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。