SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

新しいWebページ収集に活用されるツールバー

米Yahoo! が先日リリースした、Yahoo! Web Rank 搭載のベータ版ツールバーだが、Yahoo!独自のWebポピュラリティ指標が見られる以外にも新たな機能が搭載されている。それは新鮮なWebページを効率よく収集するための仕組みだ。

最新のYahoo! Companion Toolbar には Web Rank を有効にしているユーザーが訪問したURLをYahoo!サーバに送信する機能がある。これは Yahoo! がユーザーのトレンドや検索行動を把握することも目的だが、もう1つ、「未インデックスのWebページを発見する」ためにも用いられるのだ。

例えばあるサイトを訪問した時にそのURLがYahoo!に送られる。もしそのURLが Yahoo! Search インデックスに登録されていなければ、Yahoo! Slurp のデイリークロールが次回のクロール時のそのページを拾いに行き、インデックスに追加するわけだ。

この仕組みを使えば、Webサイトの過去の更新頻度やポピュラリティに基づいていわば「あてずっぽう」でクロールさせるよりも早く未インデックスのページを発見し収集することが可能で、包括的にWebをカバーした検索エンジンの構築に役立つ。

Google ツールバーも同じようなことをしているのでは?といわれていたが、Google 関係者はきっぱりと「Googleツールバーとクロールは関係ない」といっており、ツールバーを使った未発見のWebページの特定には活用していないようだ。しかし Yahoo! がこのシステムを取り入れたことで、今後 Google も同じ仕組みを Googleツールバーに搭載してさらなるインデックスの強化に活用する時が来るかもしれない。

ref.

Yahoo! Web Rank とは(詳細版)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。