SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、ジオターゲティング訴訟で申し立て棄却される

米CNETによると、ジオターゲティング(Geo-Targeting)技術のライセンスに絡んだ米Digital Envoyと米Googleとの間の訴訟で、カリフォルニア州北部の連邦地方裁判所がGoogleの申し立てを棄却、訴訟の継続を決定した。

Digital Envoyは、Webサイト訪問者のIPアドレス情報から物理的な地理情報を特定する技術を有する。Googleは2000年11月、同社とライセンス契約を交わし、アドワーズ広告のターゲティング配信に利用してきた。しかし2003年、Googleはコンテンツネットワークへの配信にもジオターゲティング技術の利用を拡大。これに対してDigital Envoyは、Googleサイト以外 - 広告が掲載される第三者のサイトでジオターゲティング技術を利用することはライセンスに違反すると主張していた。

今回の連邦地裁の裁定では、ライセンス契約の文言やこれまでの両者の話し合いから判断するに、ジオターゲティング技術の第三者サイトでの利用は禁止されていると判断された。

Last Friday, the U.S. District Court in San Jose, Calif., denied Mountain View, Calif.-based Google's motion for summary judgment on claims that the search giant breached its contract with Digital Envoy, based in Georgia. However, the court dismissed several of Digital Envoy's charges, including claims of unfair competition, on the grounds that the two parties were not direct rivals, according to the court document. ("Google loses round against Digital Envoy", NEWS.COM, May 26, 2005, 4:35 PM PDT)

cf.

Google、米Digital Envoy を提訴 - ジオターゲティング技術のライセンス問題

http://www.sem-research.jp/sem/google_2004/20040428021224.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。