SEMリサーチ

SEMリサーチ

日本ビデオニュース、オーバーチュアを提訴 ~「広告拒否は不当」

産経新聞の記事によると、日本ビデオニュース株式会社が2005年12月26日、検索連動型広告に広告掲載を拒否されたのは不当だとしてオーバーチュア株式会社に広告掲載と3,900万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

オーバーチュアは検索キーワードに連動して関連広告を表示する検索連動型広告を運営している企業。オーバーチュアが受け付けた広告はYahoo!JAPANやMSN、NIKKEI.NETなどの検索エンジンやポータルサイトに掲載される。

日本ビデオニュース社は2005年3月以降、オーバーチュアの提供する「スポンサードサーチ」に広告を掲載してきたが、2005年5月以降、、「靖国参拝」「憲法9条」などの用語を含む広告掲載が認められなくなった。最終的に「キーワードをはじくのではなく、サイト自体弊社(オーバーチュア)がお受けできないと判断させていただいた。批判広告の掲載はお断りしており、情報をお求めの検索ユーザーに対し、特定の組織・団体への批判が含まれるビデオニュース・ドットコムの記事を「広告」として提供することは不適切と判断」(要約、GripBlogより)として広告掲載が不可能になった。

広告拒否は不当と提訴 ネット上の掲載めぐり [産経新聞]

http://www.sankei.co.jp/news/051226/sha059.htm

cf.

ビデオニュースドットコム、オーバーチュアを提訴 [GripBlog]

http://www.surusuru.com/news/#000810

検索連動型広告運営会社(ヤフーの子会社オーバーチュア)を提訴~恣意的な広告掲載拒否を理由に [情報流通促進計画]

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d0ead0cce2a3316baadb2bb20cae274e

日本ビデオニュース、オーバーチュアへの広告掲載求めて仮処分申請 :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。