SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

ブレイナー、検索ワード解析を加えたコンテンツマッチ広告サービス

株式会社ブレイナーは2006年2月24日、展開中のコンテンツマッチ型広告配信サービスにおいて、新たに検索エンジンで使われたキーワード情報を解析して、検索キーワードに適合した広告を表示する機能を追加した。

ブレイナーの調査によると、閲覧者のセグメンテーションがなされたニッチなウェブページではコンテンツマッチの効果は非常に高い一方、記事一覧ページのようなテーマが絞れないページや、閲覧者が多様なニュース系のウェブページにおいては、ページコンテンツとのマッチングよりも、閲覧者の興味にあわせたターゲティング表示を行った方が高いコンバージョンが得られることが明確になってきたという。

この問題を解決するためにブレイナーは従来のコンテンツマッチ技術に加え、検索エンジンで使われたキーワードを解析を実施。検索ワード情報を広告選別に利用することで、閲覧者の興味に適合した高い精度での広告表示を実現した。すでに検索エンジン広告を利用している広告主にとって、検索エンジン広告で捕らえられなかったビジターを同一のキーワードで追跡しての広告表示が可能となり、SEM(検索エンジンマーケティング)の次の広告手段としての利用が見込まれるという。

ブレイナー

http://brainer.jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。