SEMリサーチ

SEMリサーチ

エキサイト、検索広告をオーバーチュアに切り替え

2006年7月1日19時時点で、エキサイト株式会社運営のポータルサイト「Excite」の検索サービスに掲載される検索連動型広告が、オーバーチュア株式会社が提供する「スポンサードサーチ」広告に変わっていることが確認された。ウェブ検索もGoogleロゴが取り外されており、Yahoo!検索に切り替わった模様だ。

従来エキサイトは検索サービス全般でGoogleと提携、Googleウェブ検索とアドワーズ広告を利用していた。エキサイトは自身の検索サービスをDIONやODNなど複数の他ポータルにも提供しているため、これらエキサイトと提携する全てのポータルにおける広告もアドワーズ広告に切り替わる。Yahoo! ( www.yahoo.co.jp )とGoogle (www.google.co.jp )の検索シェアの観点からは影響は軽微ではあるもののオーバーチュアのリーチが広がったことは確かだ。

スポンサーリンクとは、検索キーワードまたはページの内容に応じて表示される有料の広告サービスです。オーバーチュア株式会社により提供されるスポンサードサーチ広告、株式会社クロスリスティングにより提供されるレモーラ リスティングを、エキサイトの検索結果やカテゴリページなどに表示しています。[エキサイト:スポンサーリンクの説明より]

エキサイト

http://www.excite.co.jp/

[UPDATE] Exciteのウェブ検索について、本文にて「Yahoo!検索」と表記しておりますが、正確にはfresheyeやasahi.comのウェブ検索で採用されている"Yahoo! Search"です※。search.yahoo.co.jp が表示する検索結果とは若干異なります。この"Yahoo! Searchについては オーバーチュアの公式サイト (www.overture.jp)の画面中央付近にある検索ボックスから確認できます。

[UPDATE-2]

掲載内容表示 :

<スポンサードサーチ>

excite:検索       「スポンサーリンク」欄内 最大5件

<コンテンツマッチ>

excite:カテゴリー    「スポンサーリンク」欄内 最大5件

excite:天気       「スポンサーリンク」欄内 最大3件

excite:郵便番号    「スポンサーリンク」欄内 最大3件

excite:地域ニュース  「スポンサーリンク」欄内 最大3件

excite:乗り換え案内  「スポンサーリンク」欄内 最大3件

excite:辞書       「スポンサーリンク」欄内 最大5件

※ このウェブ検索のことを一般的に何と呼ぶのか不明

[UPDATE-3]

オーバーチュア株式会社社長・ジェームス・キム氏は「スポンサードサーチの表示先が増えるという量的な変化だけでなく、エキサイトの特徴のひとつであるM1、F1層へのリーチや、弊社にとって初となるISPサイトでの表示など、質的な変化にも期待しています。」と述べ、今回のパートナーシップで、広告主様に新たな顧客獲得の機会が提供できるとしている。

※ M1・F1層:男性(Male)、女性(Female)で20歳から34歳の母集団を意味するマーケティング用語。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。