SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

グーグル、Googlebot最終訪問日の表示ルールを変更

米Googleがキャッシュページ上に表示するGoogleの訪問日時に関する表示仕様の変更を行った。

従来、キャッシュページ(検索結果ページで「キャッシュ」をクリックするか、cache:(URL)で検索)を表示させた際に表示される日付は、Googleが一番最後にキャッシュをした日であって最終訪問日ではなかった。Googlebotはサーバにアクセスした際に304レスポンスがあった場合、ページに変更がなかったと判断して新しいキャッシュを取得しないため、例えばGooglebotによる最終訪問日が2006年9月1日であってもキャッシュ表示時の日付が2006年1月1日(※ページが一度も更新されていない場合/304レスポンスが返ってくる場合)となるケースもあった。

今回の表示ルール変更により、キャッシュ表示時の日付が、ページの変更有無にかかわらず、Googlebot最終訪問日となる。

Better details about when Googlebot last visited a page [Official Google Webmaster Central Blog]

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2006/09/better-details-about-when-googlebot.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。