SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、ウェブマスターツールに外部/内部リンク表示機能を追加

米Googleは2007年2月5日、サイト運営者向けのツール「Googleウェブマスターツール」の新機能として、外部/内部リンクの詳細情報を表示する機能を追加した。

サイト運営者は外部から張られているリンク一覧を参照するために link: 検索式を利用している。しかし link: 検索が表示するリストはGoogleが認識している全ての被リンクのほんの一部をサンプリング表示したものに過ぎなかった。

今回Googleウェブマスターツールに搭載された機能は外部からのリンクを「外部」(他のドメインからのリンク)「内部」(自ドメインからのリンク)に分けて表示する。また、ページ毎に張られているリンク数を表示するほか、link: よりも多くのリンクを表示できる。

なお、米GoogleのMatt Cutts氏は今回の新機能について、Googleが一覧表示するバックリンクの全てが検索順位決定時の加点対象となっているわけではないことを繰り返し注意点として述べている。つまり、テキストリンク広告や過剰な相互リンクなど、Googleが問題視して加点対象外とされたリンクもリスト内に含まれていることを示唆している。SEOの効果検証や分析を目的にリンク情報を閲覧する際は、こうした注意点も頭に入れておくといいだろう。

Discover your links [Official Google Webmaster Central Blog]

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2007/02/discover-your-links.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。