SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

"ユーザー"にシフトし続ける検索エンジン

検索エンジンを通じてマーケティングを行う、(リスティング広告における)広告主や、(SEO における)サイト運営者の方々に伺ってみたい事がある。近頃、検索エンジンに対する"不自由さ"、言い換えれば"思い通りにならない"感覚が徐々に高まり、検索エンジンの"不透明さ"や"複雑さ"が増してきているように感じてはいないだろうか。

もしそう感じているとしたら、状況の認識としては、ある意味正しいものだ。しかし、その認識に対してネガティブなイメージを抱くのなら、それは残念ながら、検索エンジン会社の考え方を理解していないか、無意識的にユーザーを軽視している可能性がある。検索エンジン会社の考え方を理解できなければ効果的な SEM は行えないし、そもそもユーザーを軽視してはマーケティング活動はおぼつかない。やや注意が必要な状態だ。

続き:"ユーザー"にシフトし続ける検索エンジン [セミログ]

執筆:株式会社アイレップ 戦略グループ 山本光

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。