SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

英SEM担当者、今年はブランディングよりダイレクトセールスに注力 - E-consuntancy & Neutralize

英E-cousultancyとNeutralizeが発表した「UK Search Engine Marketing Report」によると、ペイドサーチ(検索連動型広告)担当者が今年はブランディングよりもダイレクトセールスに力を入れていることがわかった。主な実施目的をオンラインダイレクトセールスと回答した担当者は、2007年の53%から2008年は55%に増加。一方、リードジェネレーションと回答した担当者は昨年の53%から2ポイント減少・51%だった。

ペイドサーチ(検索連動型広告)の目的はダイレクトセールス > リードジェネレーション、E-consultancy and Neutralize

eMarketerの予測によると、2006年の英国全てのオンライン広告費用のうち50%が検索関係だった。これが2007年には60%まで増加している。また、E-Consultancyは2007年にサーチマーケティング関連費用が58%増加すると予測する。

米国のオンライン広告消化

UK Search Looks to Boost Direct Sales [eMarketer]

http://www.emarketer.com/Article.aspx?id=1006210

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。