SEMリサーチ

SEMリサーチ

Microsoft幹部、"Live"ブランド変更を示唆 - 検索市場でのブランド力高める

Microsoftが検索や各種オンラインサービスに用いている「Live」ブランドの変更を検討していると、AP通信など複数のメディアが伝えた。SearchEngineLandがシアトルで開催した検索広告コンファレンスにて同社プラットフォーム&サービス担当プレジデント・Kevin Johnson氏が語った。Kevin氏は、同社マーケティングチームはマイクロソフトの検索に対するイメージを修正し、Googleとの競争力を高めようと取り組んでいると語った。

Microsoftは、例えばWindows Live MessengerとMSN Messenger、hotmailとWindows Live Mail、MSN SearchとLive Searchといった具合にMSNブランドとLiveブランドを併用しているが、こうしたサービスや機能がほぼ同等ながらブランドが乱立することで消費者を混乱させているとの指摘が少なくない。

"Google is already entrenched, so [we] need to have disruptive ways to change the paradigm," Johnson contended on Tuesday. "The brand, Google, is a very strong brand. People think that Google equals search. We need to differentiate the product experience. We need to get users to try [Microsoft's search] so that the user experience can create a brand perception. Then we need to do marketing that reinforces [this] brand perception. [Microsoft will fix its 'Live' branding problem, says exec]

Microsoft Plans to 'fix' Its Online Branding [PC World]

http://www.pcworld.com/businesscenter/article/146635/microsoft_plans_to_fix_its_online_branding.html

#

MSNブランドでいいじゃないですか、と思う。「Live Searchって何?」という質問を業界内の人から尋ねられることもあるし。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。