SEMリサーチ

SEMリサーチ

GMOインターネット、イノベックスに資本参加、GMO SEOテクノロジー設立へ

GMOインターネット株式会社は2009年4月22日、SEOや検索連動型広告などSEM事業の株式会社イノベックスへの資本参加を発表した。イノベックス代表取締役の鈴木明人氏らの持つ株式510株をGMOインターネットが譲り受け、全株式の51%を所有する。

あわせて、イノベックスは5月18日に「GMO SEOテクノロジー株式会社」へ社名変更し、鈴木明人氏はGMOインターネットWEBプロモーション研究室の首席研究員に就任する。

GMOインターネットにとってSEM事業は2008年の売上高が前年比34.6%プラスになるなど大幅な成長により事業全体の牽引役となっている。この成長を加速させ、強固なものとするためにSEO専業企業に資本参加することで競争力強化を図る。

GMOインターネットは2006年3月1日に、SEO事業の強化を目的に、アイオイクス株式会社と提携し、「GMO SEO+」を販売したほか、月額15万円の成果報酬SEOモバイルSEOなど、アイオイクスと共同でサービス開発も行っていた。また、GMOとアイオイクスはSEOを活用したロングテールメディアを目的にGMOマーケティングも設立している。一方で、黒にんにく事件をきっかけに同社の手法に批判も集まっていた過去がある。

#

アイオイクスとの関係はどうするのでしょう?

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。