SEMリサーチ

SEMリサーチ

SEO: PageRank以外に検索順位決定に用いられているシグナルは?

Googleは200以上ものシグナルを参考にしてページやサイトの重要度や関連性を判断して検索順位を決定している。では、Googleがコーポレートサイトでも同社技術の特徴として大きく謳っているPageRank以外にどんなシグナルを用いているのだろうか?

Google Matt Cutts氏は、確かに200以上のシグナルにおいてPageRankは重要ではあるが、同時に200以上の1つの要因にすぎないとも説明。多くのウェブマスターがいかにPageRankを上昇させるかについて囚われているが、それ以外にもSEOにおいて注意すべき点はたくさんあると主張する。たとえば、リンク以外にもアンカーテキスト、ページのコンテンツ、ページのURL、ヘッダー、リンクの設置位置など、検索順位に影響を与える要素はたくさんあり、これらを複合的に計算して関連性を算出している。したがって、どの要素がどれだけのウエイトをおいているかを明確に述べられないが、ともかく、PageRankだけを気にせず、訪問するユーザのことを考えてサイトを作るようにアドバイスをしている。l

What signals are used in ranking other than PageRank?

"I see so many people asking "Will this increase my PageRank?". Could you tell them *once again* that ranking is not just about "PageRank" but also 200 different signals? And while being there, why don't you tell us about those 200 different signals?

Googleは、PageRank以外にどんなシグナルをランキング決定要因として採用しているのか?

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。