SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google Search by Voiceが欧州言語に対応

米Googleは2010年6月14日、音声で検索できるGoogle Search by Voiceが欧州主要言語に対応したことを発表した。

Google Search by Voiceは、キーワードを発することで音声で検索できるサービス。すでに英語、標準中国語、日本語に対応しているが、新たにフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語に対応した。

同社のブログでは、フランス語やスペイン語の音声検索や音声認識技術を開発するにあたっての問題について言及している。フランス語やスペイン語の優れた音声検索を実現するためには、発音区別符号(diacritics)やアクセントマーク(accent marks)をどのように処理するかが課題となる。

Googleは音声検索で要する辞書をユーザ生成コンテンツをベースに構築していくが、フランス語やスペイン語のコンテンツの多くは、正しい正書法(orthography)に従っていないという。たとえば、フランス人が検索窓に "francoise" とタイプしたとき、彼は実際には "Françoise" の結果を期待しているし、また、スペイン人が "espana"とタイプしたときは "España" の結果を期待している。

このように入力される背景には、そもそもドメインネームが発音区別符号に対応していないこと、手間を省くために発音区別符号を省略する習慣が根付いている点にある。

しかし、音声検索においては両者は大きな違いであり、適切でないスペリングは発話者の意図を正確につかむ事ができない。そこで、辞書の正書法を自動的に修正できるように対処した。この方法は完璧ではないものの、上記の問題が発生する多くのケースにおいて、適切に音声をつかめているという。

Google Search by Voice now available in France, Italy, Germany and Spain

http://googleresearch.blogspot.com/2010/06/google-search-by-voice-now-available-in.html

#

公式ブログではドイツ語の課題についても言及されていますが、省略します

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。