SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Google、"パンダアップデート"を全世界に適用、ユーザフィードバックもアルゴリズムに反映

米Googleは2011年4月11日、2月下旬に実施した検索結果の全体的な品質を高めることを目的としたランキングアルゴリズム(パンダアップデート)を、全世界の英語圏Googleユーザにも適用したと発表した。対象は、英語圏のGoogle(google.com.sg、google.co.ukなど)各サイトと、検索結果の言語を英語に設定しているユーザー。

さらに、ユーザが手動でブロックしたURL情報の中でも、信頼性が高いものについてアルゴリズムに取り組む方針も発表。検索アルゴリズムがまだ評価できていない、広範囲の低品質サイトの排除を狙う。この変更は、米国内検索クエリの2%程度に影響が及ぶという。

High-quality sites algorithm goes global, incorporates user feedback

http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2011/04/high-quality-sites-algorithm-goes.html

[追記] なお、Google公式発表は英語圏のみに適用となっているが、日本語(google.co.jp、日本語設定)においても一部の日本語クエリでアフィリエイトやアグリゲーター系サイトが検索上位に表示されないケースを4月11日17時時点に一部のPC(環境:Windows XP, 32bit, Google Chrome 同日時点の最新バージョン、Googleアカウントログイン状態/パーソナライズ無効)から確認した。アイドル系の人物名やDVD等で検索した時に1~3位以内に出現する、seesaa や fc2 blog を使った、主コンテンツよりもナビゲーションが圧倒的多数を占めるタイプのサイトが表示されなかった。ただし、同一ネットワークに接続する他のPCからは確認できなかったため、バケットテストと推定。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。