SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google検索でデコードされない参照キーワードが記録される事象が発生

2011年10月20日頃より、アクセス解析ツールのキーワード分析関係のレポート画面で、正常にデコードされないキーワードがそのまま記録される問題が先週よりTwitterやFacebook等で話題となっている。原因は、Google側の技術的な不具合の模様だ。

私の社内の解析チームがこの現象について解析を行った。通常Googleは2バイト文字を2回エンコードしており、検索結果のリンクをクリックした時に1回目のデコードを、そのリダイレクト先ページから目的ページへの遷移過程で2回目のデコードを実施する。アクセス解析ツールには、2回目のデコード、つまり2バイトの検索クエリが記録されるため、私たちはアクセス解析ツールを通じて来訪キーワードを知ることができる。

しかし現在は、クリック後のリダイレクトが発生せず、デコードが1回しか行われていないため、アクセス解析ツールにもキーワードが正常に記録されていない模様だ。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。