SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Google、ページレイアウト分析アルゴリズムの改善を発表

米Googleは2012年1月19日、検索品質改善を目的とした、ウェブページのレイアウト分析に関するアルゴリズムを変更したことを発表した。ウェブページのレイアウト構造をアルゴリズムで分析して、ページ上部に過剰な広告が張りつけられたページや、そのページにおける主たるコンテンツが探しにくい状態となっているページがこのアルゴリズムによりランキングが影響を受ける可能性がある。

この変更は全世界の検索数の1%未満の影響と同社は説明している。つまり、100回の検索で1回未満において、ユーザーが気づく程度の影響がある。

Page layout algorithm improvement [Inside Search]

http://insidesearch.blogspot.com/2012/01/page-layout-algorithm-improvement.html

#

詳細は後ほど。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。