SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、年内にペンギンアップデート更新を予告

米Googleのマット・カッツ氏は2013年3月11日、年内にもペンギンアップデートの更新を実施するとコメントした。同氏は大規模な更新になると話しており、現在、同社サーチクオリティチームが準備を進めているとのこと。

ペンギンアップデートは2012年4月に発表されたアルゴリズムの更新。同社が純粋スパム、サイトからの不自然なリンク、サイトへの不自然なリンクと定義するような、ターゲットとするサイトへリンクを供給するための不適切なリンクやコンテンツの排除が目的で、日本国内では特にアフィリエイターやSEOにあまりお金をかけられない小規模な企業が多様している手法を用いている場合に順位が下降しているケースが見られた。

Google’s Matt Cutts On Upcoming Penguin, Panda & Link Networks Updates

http://searchengineland.com/googles-matt-cutts-on-upcoming-penguin-panda-link-networks-updates-151273?

#

わざわざこういった内容を公開するのは、もちろん同社の情報透明性を高めるという方針に基づいたアクションであることに間違いないのですが、どちらかというと、いまスパムをしているウェブマスターへの警告ですよね。おまえら注意しろよ、と。でも実際には、平気でスパムをやっている人たちはこんな警告なんて全く気にしないことでしょう。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。