SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google 新スパムフィルター - Update Florida

Update Florida(フロリダアップデート)。11月中旬に実装された Google の新しいスパムフィルターですが、SEO関連の掲示板を見ると色々な議論がされていますね。

例えば、WebmasterWorld だと

Update Florida - Nov 2003 Google Update Part 1

http://www.webmasterworld.com/forum3/18347.htm

Update Florida - Nov 2003 Google Update Part 2

http://www.webmasterworld.com/forum3/18346.htm

Update Florida - Nov 2003 Google Update Part 3

http://www.webmasterworld.com/forum3/18402.htm

Update Florida - Nov 2003 Google Update Part 4

http://www.webmasterworld.com/forum3/20001.htm

こんな感じでとても読む気にはなりません。

今回の Google は何をしたかというと、特定キーフレーズに対してフィルターをかけたわけです。スパムフィルターです。

具体的には、あるWebページのタイトルタグ内に記述された文字列と、全く同一の文字列が記述されたアンカーテキストによるリンクが当該ページに一定数以上、外部ドメインサイトから張られている場合にこのフィルターにひっかかりランキングが落ちるというものです。これは特定検索キーワードに対して適用されるものなので、当該ページの評価が落ちるわけではありません。

このフィルターの正体については、「ベイジアンスパムフィルターの実装に問題があるのでは?」という意見もあります。

Google Bayesian Spam Filtering Problem?

(Source: Google Blocks 'Optimized' Pages)

1行でまとめると、(引用します)

If a simple search has spam-related keywords, penalize high-spam-scoring results

です。

ということで色々議論されていますが、たぶん Google は新スパムフィルターの導入で色々テストをしているので、数週間もすれば変わるのではないかと思います。ということで落ち着くまで放っておけばいいんじゃないですかね。

このように、Google のアルゴリズムは日々変更され、ルールは変わるのですから、「ちょっとやばい」テクニックは使わないことですね。スパムと判定されない限り何をしてもいい、ということではないわけですし、特に Google からのトラフィックに依存しているのであれば、テクニックに走る時にはそれ相応のリスクを甘受すべきでしょう

(※もっとも今回の場合は、SEO 的に"良い"(適切と思われる) 施策を施していたWebサイトも被害を受けているのですが)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。