SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google、"googlemail.com" を巡るドメイン名紛争

米Google は ドメイン "googlemail.com" を持っているのですが、このドメインについてドメイン紛争があったようです。

Google Inc. v. Dot Name Communications Claim Number: FA0206000114712 によると、Google の商標を含んだドメイン名 "googlemail.com" をインドの Dot Name Communications がレジストラEnom社を通じて取得。これに対して Google が異議を申し立て、ICANN’s Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy に従って紛争処理が行われました。

判決は、

DECISION:

Panel finds in favor of Complainant Google Inc. and against Respondent Dot Name Communications and ORDERS, as a remedy, that the Domain Name be transferred to Google Inc.

ということで、無事 Google が取得することができました。

先日、Google がメール広告市場に参入するという報道がされましたが、このドメイン googlemail.com はその布石なのでしょうね。ドメイン名からすると、MSN の hotmail や Yahoo! mail に対抗するメールサービスの感がありますが、Google の事業ドメインや経営資源的の観点から見れば"サーチ技術"から外れるメールに過大に投資するのは思えないのでありえない。すると、単に Google は他人が Google という名前の入ったドメインを取得したことが気に入らなくて自分のところに取り戻したと考えるべきでしょうか。

Google Inc. v. Dot Name Communications Claim Number: FA0206000114712

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。