SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google Personalized Web Search - 技術的仕組み

Google Personalized Web Search のベータ版がリリースされましたが、この技術的仕組みについて見ていきましょう。

プロフィール情報を元にリアルタイムに生成

Google Personalized Web Search は興味のあるカテゴリを登録したプロフィール情報を設定した上で検索を行うことで実現しています。検索結果画面にはパーソナライズバーが表示されていて、このバーを左右に動かすことで検索結果を変更しています。

このWebページの検索順位の変更ですが、Google Personalized Search の fAQ を読むと

Google has developed new algorithms that dynamically reorder results by weighting the interests you enter in your profile. When you move the slider, it recalculates and rearranges the results to add more or less emphasis on your profile information. (FAQ - Google Personalized Web Search )

とあり、パーソナライズ情報を元にリアルタイムに算出して順序を変更しているとのことです。Google はセマンティック技術を利用することで「個々のWebページが何について記述されているのか」 - ページのトピックを把握していますから、パーソナライズドサーチではこの「トピック」に対する比重を変更しているのではないかと推測されます。

個人情報は PC 内に保存

パーソナライズドサーチを行う前に作成するプロフィール情報ですが、これは Googleサーバに保存されるのではなくてあなたのパソコンの中に保存されます。従って、他のパソコンで Google のパーソナライズドサーチを利用することには再びプロフィール情報を作成する必要があります。

ただ、これは Google のソーシャルネットワーキングサイト "Orkut" の ID を利用することで将来的にはログインするだけでパーソナライズ化できるようにするのではないでしょうか。Orkut は Googleサーチに統合されることも明らかにされていることですし、この可能性が高そうです。

パーソナライズが実感できるキーワードの例

「本当にパーソナライズサーチって便利なの?」そう思われる方もいらっしゃるでしょう。そんな人のために、Google Personalized FAQ ではサンプルが掲載されています。自分の目で確かめて見たい方は、以下の例を実践してみましょう。

検索キーワード:"basil" または "beef" (カテゴリ:Home > Cooking)

検索キーワード:"football"、"revolution"、world's best goalies" (カテゴリ:Sports > Soccer)

検索キーワード:"ATM"(カテゴリ:Science > Astronomy)

検索キーワード:"palo alto"(カテゴリ:News > News (General))

ref.

グーグル、パーソナライズドサーチのベータ版をリリース

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。