SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google パーソナライズドサーチ 登場

<速報> 検索エンジン業界でホットな話題の1つ「パーソナライズドサーチ」。これに Google もついに乗り出した。 Google Labs にて "Google Personalized Search" (グーグル パーソナライズドサーチ)ベータ版がリリースされている。

グーグル パーソナライズドサーチが登場

パーソナライズドサーチとは、検索者の過去の検索履歴や興味・関心に応じて最適な検索結果を表示するサービス。例えば「キリン」という言葉で検索した時、そのユーザーが過去に動物関連の情報をよく閲覧していたのであれば動物の「キリン」に関連する検索結果を表示する。一方でもし過去にアルコールやビール関連の情報を閲覧していたのであれば、企業の「キリン」に関連する情報を表示してくれる。

当然だが、このパーソナライズドサーチを提供する前提としてそのユーザーの個人情報が必要になる。では Google Personalized Search はその個人情報をどうするか。Google Personalized Search では「自分が興味ある話題」の情報を Google に与えておくのだ。

Google Personalized Search のトップページには、"create profile" というボタンが用意されている。ここで最初に自分自身のプロフィール情報を作っておく。Google ではまず最初に自分が興味・関心あるカテゴリを選択しておく。

選択するカテゴリはメインカテゴリとサブカテゴリ。

Google Personalized Search 主カテゴリを選択

例えばBusiness/Industries →を選択すると、サブカテゴリが表れる。

Google Personalized Search サブカテゴリを選択

サブカテゴリは複数選択が可能だ。

これを選択したら画面左の「Start Searching」を選択することでトップページに戻ることができる。これで検索をすると、普通に検索結果が表示されるが・・・

google-personalized-3.gif

パーソナライズドバーと呼ばれるバーが検索ボックスの左下に表示される。このバーをスライドさせていくことで、検索結果の個別化の程度が変わる。例えば、パーソナライズドバーを最小にしておくと

google-personalized-4.gif

このような検索結果になる。パーソナライズドバーを最大にすると

google-personalized-5.gif

となる。検索結果の横に Google のボールが表示されているものは、パーソナライズドされたことで表れたウェブページとなる。

現状の Google Personalized Search はユーザーが興味・関心を持つテーマ・トピックを検索結果に反映させるだけのものだが、今度どう進化していくか楽しみだ。

Google Personalized Search

http://labs.google.com/personalized

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。