SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

ルックスマート、オークション課金型の広告は今後も販売せず

バリューコマースに買収されたルックスマート・ジャパンですが、今後の展開について「オークション課金型の検索連動型広告は今後も販売しない」のだそうです。

CNET JAPAN によると、バリューコマースはグーグルおよびオーバーチュアとも提携関係を結んでおり、今後も両社との関係を継続している意向。ルックスマートはディレクトリ検索の構築に強く、キーワード広告はグーグルが良いことから棲み分けを行うようです。

米LookSmart は米MSN とのディレクトリ配信契約の終了とともにオークション課金の新たなリスティングサービスを開始、Google および Overture と真っ向勝負を挑んでいましたが、日本では素直にディレクトリ構築(とサブサイトリスティング)に注力していくようですね。

米国と違い検索サイト数の絶対数が少ないという日本市場の特徴を考慮すると、この選択は賢いでしょう。ほぼ全ての主要ポータルと検索サイトにてグーグルまたはオーバーチュアいずれかが既に採用されており、両社ともグーグル、Yahoo!ジャパンという検索エンジンを持っている以上、この両社と正面から競争することは良い戦略とはいえないでしょう。

なお、バリューコマースはGoogle、Overtureとも提携関係を結んでいるが、引き続き両社との関係も続けるという。ネルソン氏は、「(ルックスマートを買収したからといって)GoogleやOvertureとはライバル関係にはならない。キーワード検索に関してはGoogleがやはり強いと感じている。LookSmartは手作業のディレクトリが売りだ。また、キーワードをオークション形式で販売することも行わない」と説明する。(CNET JAPAN / バリューコマース、ルックスマート・ジャパンを買収)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。