SEMリサーチ

SEMリサーチ

米NAF、「googkle.com」の権利はGoogleにありと認定

ICANN認定の紛争解決プロバイダ、米National Arbitration Forum(NAF)は2005年7月8日、「googkle.com」「ghoogle.com」「gfoogle.com」「gooigle.com」などGoogle.comと紛らわしいドメインの法的権利はGoogleにあるとの裁定を下した。米Googleはこれらドメインの法的権利は自社にあるとして今年5月に調停を申し込んでいた。

NAFによると、Sergey Gridasov氏はGoogleが自社のドメインを登録した1999年以降、2000年から2001年にかけて「googkle.com」「ghoogle.com」「gfoogle.com」「gooigle.com」を登録し、これらドメインに誘導してきたユーザにウイルスやトロイの木馬、スパイウェアなどをダウンロードさせようとしていたという。

NAFはSergey Gridasov氏にこれらドメインの所有権はなく、Googleの商標と混同するものでありこれらドメインから利益を得ようとする不正なものであると判断した。

National Arbitration Forum Issues Decision on Google Web Addresses

http://press.sem-r.com/sem/31/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。