SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

『Googleアップデート』の定義

先日、Googleが”アップデート”されたとして米WebmasterWorldでは一時「Update Gilligan」と命名されたものの、後に「False Alarm」と変更されています。理由は米GoogleのMatt Cutts氏が「今回はGoogleのアップデートではない」と否定したからだ。今回のGoogleのインデックス更新はアップデートと呼ぶのか呼ばないのか。

結局のところ、Googleのアップデートについての定義がGoogle(Matt Cutts)とSEOの間で異なっていることに起因する。Matt Cutts氏は「Googleの検索アルゴリズムに変更が加えられた」ことを持ってアップデートと定義しており、PageRankやバックリンク、ディレクトリデータ、インデックスデータの更新をアップデートとは呼んでいない。

Matt氏によると、Googleは絶えず継続的にバックリンクやPageRank、インデックスを更新しているものの、ユーザーが目にすることができるデータは3カ月おきにしか更新していないという。また、私たちがこの3カ月毎に公にされるデータを目にした時には既に、検索結果はこれらのデータを反映した検索結果となっている。

さらにGoogleは毎日のようにクロールしインデックスを更新しているため、日々わずかながらのインデックスの更新は目にすることがある。こうしたローレベルの絶えず起こる変化のことはEverflux(エバーフラックス)と呼ばれているが、これももちろんアップデートとは呼ばないのだと説明している。

しかしSEOたちは、実際に目にすることができるバックリンクやPageRankの更新もアップデートと呼んできた。ここに両者の「Googleアップデート」定義の違いだ。

私たちが目にすることができるGoogleの変化は、検索結果画面(SERPs)を通じてしか確認できないわけで、その意味ではSEO/検索業界が定義するGoogleアップデートはバックリンクやPageRankのデータ更新を含んでいてもいいんじゃないかと。

cf.

Google Everflux 現象 - UPDATE (2003/11) :: SEM R

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。