SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Googleもペイパーコール事業へ参入 - "Click-to-Call"のテストを開始

米Googleが新たなサービスとして"Click-to-Call"のテストを開始した。Googleのであるペイパーコール広告(Pay Per Call、電話課金型広告)事業への参入を示すものだ。

Click-to-Callは検索ユーザーが直接アドワーズ広告主に電話をして話ができる、Googleの新たな広告商品。Googleのサイトによると、検索結果に表れた電話のアイコンをクリックして、自分の電話番号を入力する。入力後に"Connect For Free"をクリックするとGoogleからユーザーに電話がかかってくる。その電話に出るとGoogleが広告主につないでくれる。電話料金はかからない。

Googleは検索ユーザーと広告主を取り次ぐが、そのユーザーの電話番号が広告主に知られることはないという。また、一定期間経過後、Googleサーバーからも電話番号は削除される。

米国ではローカル広告の市場拡大にあわせてペイパーコール広告も将来の成長が見込まれている。米国ではIngenioがサービスを展開している。米Yahoo!もペイ・パー・コール広告の試験を行っている。

※ ペイパーコール広告(Pay Per Call)とは:コール課金型、つまり広告に表示された電話番号にユーザーが電話をかけてきた時だけ、広告料金を請求する仕組みの広告。広告主はよりインタラクティブな反応を得ることができる。誰がどこから、いつ、何回電話をしてきたかもわかる点、Webサイトがない企業でもりようできる点が魅力。

Google Click-to-Callについて

http://www.google.com/help/faq_clicktocall.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。