SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Googleサイトマップ、検索ワードの平均順位レポートに対応

Googleは2006年3月1日、 GoogleのインデックスにURLを効率的に登録できる「Google Sitemaps」のレポート機能を強化。新たに上位検索クエリ毎の平均順位レポートに対応した。

GoogleサイトマップはウェブマスターがサイトURLの一覧をGoogleサーバに送信することでGooglebotのクロール精度を高め、より新しいウェブページが検索結果に表示されるよう支援するサービス。Googleサイトマップを利用してサイトを登録すると、サイト内の平均PageRankや文字コード、robots.txtの処理結果、ページによく出現しているキーワードなど様々な情報を閲覧できるようになる。

今回新たに追加されたのは、サイトに訪れる際によく利用されている検索ワード毎の平均順位を表示する機能。特定の検索クエリに対してサイト内で最上位に表示されたページの過去3週間の平均順位が表示される。例えば当サイト(SEMリサーチ)を例にすると、「上位の検索クエリ」としてリストアップされる"google deskbar"の平均順位は3、"デスクトップ検索"は5位、"windows live"は4位といったことがわかる。

その他、モバイル端末からアクセスしたユーザーの検索クエリ表示、サイトマップ詳細データファイルのダウンロード機能も追加されている。

Google Sitemaps

https://www.google.com/webmasters/sitemaps/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。