SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

NTT BJ、コール課金型広告の試験を開始

エヌ・ティ・ティ番号情報株式会社(NTT BJ)は2006年6月20日、ローカルサーチ(地域情報検索)サイト「iタウンページ」において、新たな機能「WebCalling(ウェブコーリング)」の試験運用を開始する。

WebCallingはWebと電話をシームレスにつなげ、パソコンからの操作で簡単に広告主へ電話がつながる仕組み。広告画面に表示されるWebCallingボタンを押下すると別画面が表示され、その画面上で、『Call Back(コールバック)』または『Call Now(コールナウ)』(パソコンで直接電話)のボタンをクリックでユーザと広告主が電話をすることができる。ユーザ、広告主とも特別なソフトウェアをインストールする必要はない。

実施期間は6月20日から11月30日まで。iタウンページから全国各地の名産品・特産品を取り寄せできる「お取り寄せしよう!」を中心とした一部広告画面において提供される。トライアルで得られたデータを基に、マーケティング情報の収集や分析、広告効果測定等を検証し、本格提供に向けた検討をしていく予定という。

お取り寄せしよう!

http://itp.ne.jp/contents/otoriyose/

エヌ・ティ・ティ番号情報株式会社

http://bj.nttds.co.jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。