SEMリサーチ

SEMリサーチ

サイト内検索クエリの大半が1~2語 - 米WebSideStory調査

米WebSideStoryとPatricia Seybold Groupの調査で、サイト内検索利用者の大半が1~2語のキーワードで検索していることが明らかになった。

同調査は15のEコマースサイトと14のメディアサイト、13のリード獲得サイトを含む42のWebSideStoryの顧客から取得した3,400万の検索クエリを分析。1~2語の検索クエリが全体の83%を占めた。Eコマースサイトに限るとこの割合は91%にのぼる。また、全体の約12%がゼロサーチ(検索結果ゼロ)だった。Eコマースサイトに限るとこの割合は8.5%。

Seybold GroupのSusan Aldrich氏は、サイト内検索のキーワードはウェブ検索におけるキーワードを探る上で重要なうえ、サーチキャンペーンにおいて選択すべきキーワードを考えるヒントとなると指摘。サイト運営者はサイト内検索でどのようなキーワードが利用されているかをよく理解して、インターネットキャンペーンで行うべきものを見つけるべきだと述べている。

Most site search terms are short and simple, study finds [InternetRetailer.com]

http://www.internetretailer.com/dailyNews.asp?id=19734

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。