SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Yahoo!、スポンサードサーチ・説明文の文字数を短く

米Yahoo!は2007年4月5日、スポサードサーチのディスクリプション(説明文)文字数についての規定を2007年5月より変更する。Yahoo! Search Marketing公式ブログで明らかにした。

現在、広告主はロングディスクリプション(190文字まで)とショートディスクリプション(70文字まで)の2つの説明文を選択でき、どちらも使うことができた。2007年5月より、ショートディスクリプションが必須となり、ロングディスクリプションは任意となる。つまり5月以降に新規入稿または変更する全ての広告はショートディスクリプションが求められるということだ。6月以降、70文字以上のディスクリプションはYahoo! Search検索結果表示時に自動的に削除される。なお、Yahoo!パートナーウェブでは引き続きロングディスクリプションも表示される。

今回の仕様変更についてYahoo!は、簡潔に記載された広告がより効果的であることが明らかになったためとしている。

Our users’ search experience is key to your success: We’ve found that ads written more concisely give users a better experience and perform better for advertisers. When users are exposed to higher quality search ads you, the advertiser, may attract more interested and enthusiastic potential customers. [Think Short, Yahoo! Search Marketing Blog, April 5,2007]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。