SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google、URL削除機能をウェブマスターツールに統合

Googleがウェブ検索から指定したページを削除するための「URL削除機能」をウェブマスターツールに統合した。現在、ウェブマスターツールにログインして診断画面を開くと、メニューに「URLの削除」が追加されている。

URL削除はGoogleにインデックスされているページを削除したい場合に使用するツール。一般に公開したくないページはメタnoindexタグやrobots.txtなどで制御するが、早急に削除したい場合は任意に申請する必要があった。ウェブマスターツールの画面からは、メニュー画面で個別のURLや画像を削除したいのか、特定のディレクトリを削除したいのか、サイト全体を削除したいのか、キャッシュを削除したいのか等のインストラクションが追加されたことで、詳しくないユーザでも削除の手続きを比較的容易に行える。削除対象はウェブ検索またはイメージ検索となっている。

Googleウェブマスターツールは管理するウェブサイトのGoogleでのインデックス状況やそれを管理するためのサイト運営者向けツール。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。