SEMリサーチ

SEMリサーチ

グーグル、"unavailable_after" METAタグの正式運用を開始

米Googleプロダクトマネジャー・Dan Crow氏は2007年7月27日、Google公式ブログにおいて、ロボット排除プロトコル(REP)の1つとして新たにunavailable_after METAタグの運用を開始したことを明らかにした。

unavailable_after METAタグはSEMNEにて明らかにされていたもので、指定した期日以降にインデックスすることを拒否するためのMETAタグ。例えば、2007年8月25日以降のインデックスを拒否したい場合は次のように記述する。

<META NAME="GOOGLEBOT" CONTENT="unavailable_after: 25-Aug-2007 15:00:00 EST">

この記述は指定日以降の除外リクエストとして取り扱われ、SERPから消えるのには約1日かかるとのこと。また、unavailable_after METAタグはSERPからは除外するもののシステム上は残るため、もしGoogleシステムから完全に除去したい場合はウェブページ削除リクエストツールを利用しなければならない。

Google インデックスからコンテンツを削除 [ウェブマスター向けヘルプ センター]

http://www.google.co.jp/support/webmasters/bin/topic.py?topic=8459&hl=ja

Robots Exclusion Protocol: now with even more flexibility [The Official Google Blog]

http://googleblog.blogspot.com/2007/07/robots-exclusion-protocol-now-with-even.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。