SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google、数ヶ月内にAd Review Centerを公開 - サイト運営者が掲載広告の審査を可能に

米Googleは2007年12月13日、サイト運営者が広告の掲載可否を決めるための新機能Ad Review Center(アドレビューセンター)を数ヶ月内に順次サイト運営者に提供していくことを明らかにした。

これはサイト運営者が自身のサイトにどんな広告の掲載を許可するかを決める自由度を高めるためのもの。プレースメントターゲットで掲載されるすべての広告について広告を掲載するかブロックするかをサイト運営者が選択できる。例えばコンテンツとのレリバンシーが低い広告や、競合他社の広告が設定されている場合に掲載を拒否できる。サイト運営者が掲載を拒否する場合は拒否する理由を添えて設定する。この拒否理由は広告主側と共有されるため、広告主はこの情報を参考に将来の広告キャンペーンの最適化に役立てることができるという。

なお、Googleはアドセンス収入の増大化という観点からむやみに広告拒否は推奨しないという。これは限られた枠に掲載を希望する広告が増えるほどオークションで競争が生まれ1クリックあたりの単価が引き上げられるためだ。

Introducing the Ad Review Center [Inside AdSense]

http://adsense.blogspot.com/2007/12/introducing-ad-review-center.html

cf.

プレースメント ターゲットについて教えてください。[Googleヘルプ]

https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=32856

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。