SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、コンテンツネットワークでキーワードターゲットとプレースメントターゲット両方を設定可能に

Googleは2008年7月17日、コンテンツネットワークでの広告掲載において、これまで別々で設定する必要があったキーワードターゲットとプレースメントターゲットを統合し、同じ広告グループで管理できるようにアップデートした。日本でも対応ずみ。

コンテンツネットワークでアドワーズ広告の配信をする場合、指定したキーワードと関連するウェブページに広告を配信するキーワードターゲットと、指定したドメイン(サイト)に広告を配信するプレースメントターゲットがあった。今回のアップデートで両方を設定・管理できるようにしたことで、たとえば次のような利用方法が可能となった。

第1に、指定したサイトで、かつ特定のキーワードに関連するページにのみ広告を配信することができる。たとえば、特定のニュースサイトで「スポーツ」というキーワードを指定することで、当該ニュースサイトの全て(経済や社会、くらしなど)ではなく、スポーツに関連する話題を持つページにのみ広告が掲載できる。

第2に、キーワードターゲットでコンテンツネットワーク全体に広告を配信しつつ、特定のプレースメントにおいて入札価格を変更できる。たとえば、「SEO」や「SEM」というキーワードに関連するウェブページにCPC 100円で広告を配信するけれども、ROIが優れている www.sem-r.com というサイトにCPC 200円で設定する、一方でROIが悪い○○○というサイトは逆にCPCを50円に下げる、といった運用が可能になる。

今回のアップデートによる影響はコンテンツネットワークに限定されたものであり、かつオプションの機能であるため、広告主側は特に特別な作業を行う必要はない、ただしターゲティングを細かく設定することが可能になったため、コンテンツネットワークでのROI改善をするために運用方法を再度見直してみるのも良いだろう。

Use keywords and placements together on the content network [Inside AdWords]

http://adwords.blogspot.com/2008/07/use-keywords-and-placements-together-on.html

キードターゲットとプレースメントターゲットを同じ広告グループで管理できるようになりました [Inside AdWords 日本語]

http://adwords-ja.blogspot.com/2008/07/adwords.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。