SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Microsoft Research、グループ検索「SearchTogether」を提供開始

CNETによると、米Microsoft Researchはグループ検索を行うIE7用プラグイン「SearchTogether」を発表した。同ツールは2008年4月24日よりダウンロード提供されている。IE7に対応するほか、複数のユーザーで同時利用するためには別途、Windows Live Messenger、さらにLive IDが必要。

SearchTogetherは複数のユーザーが共同で情報検索するためのツール、「Standard」「Split」「Multi-Engine」の3つの検索オプションを用意。Standardはこれまで通りの検索で、キーワードに関連する検索結果を検索を実行したユーザーのPC上に表示する。Splitはセッション参加中のユーザー間で検索結果を分割して表示する。「Multi-Engine」はユーザーごとに指定の検索エンジンを割り振り、実行するとそれぞれの検索結果がユーザーに送信される。検索中にユーザーが利用したクエリは検索履歴として、グループで参照することもできる。

また、受信した検索結果に評価やコメントを加えて、参加メンバーで共有することも可能。ある物事について共同調査をしている時に、有益なページに評価をしたり、補足コメントを書き加えていくことができる。

Is Your Group Seeking Information? SearchTogether! [Microsoft Research]

http://research.microsoft.com/news/featurestories/publish/SearchTogether.aspx?0hp=n1

Microsoft SearchTogether Tutorial

http://research.microsoft.com/searchtogether/tutorial.html

#

4月にすでに公開されていたので、なぜCNETがこのタイミングで報道したか不明ですが、一応記事にしておきます。コンセプトはおもしろいですよね。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。