SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、モバイル検索でも61%のシェア獲得 - 米国モバイル検索シェア - Nielsen Mobile調査

米Nielsen Mobileは2008年6月12日、2008年第1四半期の米国モバイル検索エンジンシェアを発表した。

1位はPC検索同様にGoogleで61%の検索シェアを獲得。2位、3位もPC同様Yahoo!、MSNの順だがシェアはそれぞれ18%、5%となっており、モバイル検索の分野でもGoogleが独占状態となっている。

ユーザーの1ヶ月当たりの平均検索回数は9だが、Googleユーザーは他のモバイル検索よりも検索回数が多い傾向。Yahoo!のユーザーは平均6.7。性別で見ると、Goolgeの65%、Yahoo!の63%が男性。検索目的別で見ると、Googleユーザーはインフォメーション(33%)、地域情報(29%)、ナビゲーション(27%)となっているが、Yahoo!もそれぞれ33%、24%、26%と検索目的の割合は両社ほぼ同じ。モバイル検索の満足度で見ると、10段階で満足度をつけてもらったところ44%のGoogleユーザーが8点から10点をつけた。同じ点数をつけたYahoo!ユーザーは40%に過ぎない。

NIELSEN MOBILE PROVIDES GOOGLE AND YAHOO! SEARCH DATA [Nielsen Mobile]

http://www.nielsenmobile.com/html/press%20releases/GoogleandYahooSearchData.html

#

米国の別のSEM会社の調査だと、キャリアや携帯にプリセットされた検索サービスは無視して、普段使い慣れた検索ブランドを選択する傾向があるとの結果も出ています。それも考慮すると、パソコンで使い慣れた検索ブランドをモバイルでも利用する、ということでしょうかね。

日本は逆にモバイルでGoogleが強いので、それがPC検索のシェアに影響与えてくると面白いんですけど。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。