SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

日本の検索エンジンシェア 2008年4月 - ニールセン・オンライン調べ

朝日新聞2008年6月28日付けの記事(ネットの海 主戦場、14面)にニールセン・オンライン調べの日本の検索エンジンシェアが紹介されています。

日本の検索エンジンシェア 2008年4月 ニールセン・オンライン調べ

SOURCE: Nielsen Online, April 2008

上位検索サイトのページビューベースで検索エンジンシェアを算出しています。期間は2008年4月。日本の検索トップシェアといわれるYahoo! JAPANは56.2%、それを追随するGoogleは31.3%まで伸びてきています。Yahoo! JAPANとGoogle合算の検索シェアは、56.2% + 31.3% = 87.5%。検索市場が2社で占められていることがわかります。以下、3位がマイクロソフト(MSN / Windows Live Search)ではなくBIGLOBEサーチで3.8%、4位がマイクロソフトの2.8%、5位はgooです。@niftyやAsk.jp、Baidu他の検索シェアはすべてあわせても3.9%に過ぎません。

モバイル検索分野で80%程度のシェアを持ったGoogleが今度どこまでPCのシェアを伸ばせるか、また、この2社独占のマーケットに新規参入しようとするアジア系の検索企業がどう切り込んでいくのでしょうか。

nielsen

http://www.netratings.co.jp/

cf.

日本の検索サイトシェア、Yahoo! JAPAN 47%、Google 35% - コムスコアジャパン調べ

[調査] SEO - 検索順位とクリック数の関係 - 米AOL

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。