SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、ニュース検索に言語横断検索を導入

米Googleは2008年8月20日、ニュース検索サイト「Google News」に言語横断検索(Cross-language search)を導入したことを公式に発表した。同機能は今月8月1日時点で日本国内でも確認している。

従来のGoogleニュースは、設定した国・地域内のニュースソースの中から関連性の高いニュースを表示していた。たとえばGoogleニュース日本版であれば、検索結果内のソースはすべて日本語(日本国内)だ。今回発表された言語横断検索は、検索クエリに合致するニュースソースが他言語に見つかった場合、それも検索結果に表示する。ただし、常に複数言語のニュースを表示するのではなく、検索クエリに合致するソースが対象言語で十分に見つからなかった場合に限られる。

また、アクセスしているGoogleニュースの言語・国にかかわらず、外国語で検索した場合は当該言語のニュースソースの検索結果が表示される。例えば米国版Google Newsにて「北京五輪」と検索すれば、日本国内のニュースが表示される。

News without borders: search results across languages

http://googlenewsblog.blogspot.com/2008/08/news-without-borders-search-results.html

#

当初発見したときは単なるバグかと思ってましたが、新機能でした。でも、検索業界のマイナーな用語で検索すると、ヘブライ語のニュースを表示されたりします。全然うれしくありません。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。