SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Yahoo!、検索結果にイメージやビデオ広告を掲載できる"Rich Ads in Search"を開始

米Yahoo!は2009年2月19日、ウェブ検索結果にイメージやビデオ広告を掲載できる新たな検索連動型広告プログラム「Rich Ads in Search」を開始した。現在は招待制で、ペディグリーなど一部のブランド広告主に対してのみ提供される。

ペディグリーのRich Ads in Search

Rich Ads in Searchの例

Rich Ads in Searchは、検索連動型広告として、イメージやビデオ、カスタム検索窓などのリッチメディアを掲載できるサービス。バナー広告のブランディング特性を検索連動型広告のレリバンシー特性と組み合わせて展開することができる。2008年第4四半期に実施した少数の広告主を対象とした試験運用では、広告のクリック率が25%上昇し、ブランド露出(brand exposure)やコンバージョンレートの改善も確認されたという。

現在、Rich Ads in SearchはPedigreeやEsurance、Home Depot、Pepsiなど一部の広告主に限定して提供されている。たとえばPedigreeはキャンペーン用のビデオを掲載誌、検索広告をブランディングに活用している。また、Esuranceは広告枠に検索窓を設置し、ジップコード(郵便番号)を入力して見積もりがとれるようにしている。

なお、GoogleもPlus Boxを通じて、アドワーズ広告に商品イメージを掲載できる機能を提供している。Plus Boxは「+」(プラス)マークをクリックすると、詳細情報が得られる仕組みで、地図にも利用されている。

PedigreeのRich Ads in Search 広告

Rich Ads in Search, Esuranceの広告 検索ボックスがある

Your Ads, Richer Yahoo! adds video, images and custom links to search ads [Yahoo! Search Marketing Blog]

http://www.ysmblog.com/blog/2009/02/18/your-ads-richer/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。